多摩川の外来植物駆除  〜守ろう多摩川のいきもの〜

  日時:平成23年8月27日(土) 午前10時〜正午 (終了しました)

 多摩川には様々な外来植物が生育しており、在来の植物の生育環境が減ってしまいました。
 多摩川の生物多様性を保全するために,生態系に悪影響を及ぼす特定外来生物であるオオキンケイギクやアレチウリなどの植物の駆除に参加しませんか。

    事業報告はこちらをご覧ください。




特定外来植物により被圧される在来の植物
 平成17年、外来生物法が制定されました。この法律の目的は、特定外来生物による被害を防止し、生物の 多様性の確保、人の生命・身体の保護、農林水産業の健全な発展に寄与することを通じて、国民生活の安定向上に資することです。
 現在、多摩川には様々な外来植物が生育しており、在来の植物の生育環境が減ってしまいました。
詳しくはこちらをご覧ください。   











一般社団法人 生物多様性保全協会
Copyright@2011