一般社団法人生物多様性保全協会

企画番号:No. 07-B10  11月7日(日) 10:00〜11:30 

「サイエンスアゴラ2021」は終了しました。ご参加ありがとうございました。
いただきましたご意見やご質問は、12月末頃に掲載する予定です。

サイエンスアゴラ2021

命のつながりと生物多様性
 〜陸と海の豊かさを守ろう〜

ウシガエルの写真

私たちは、生物多様性を保全する活動をしています。その一つとして、在来種の保全のため、外来種の駆除活動をしてきました。外来種を駆除するということは、命を奪うことを意味しています。

人間や他の動物は、命を維持するために食料として他の命をいただいています。農作物に被害を与えている在来種のイノシシの命や在来種に悪い影響を与えている外来種のアメリカザリガニやアレチウリなどの生物の命をテーマに、食物連鎖・さまざまな命のつながりから、人と野生生物との持続可能な関係・共生のあり方を来場者と一緒に考えます。


イベントレポート

この度は、協会の企画にご参加いただきありがとうございました。
当日の発表内容をYouTubeで閲覧することができます。

途中で参加者による投票(アンケート)を行っていますが、YouTubeの映像ではこの結果が掲載されません。投票結果は後日、本ページにて掲載します(12月末頃予定)。

協会の企画を動画でみる(YouTubeで再生)

内容についてご質問やご意見があれば、お寄せください。
 また、ご覧いただき「良い内容だった」と思われた場合には、高評価をしていただけると今後の励みになります。 どうぞ宜しくお願いいいたします。


企画案内

オンライン形式で開催します。
 サイエンスアゴラ2021イベントチラシ(PDF形式:295KB)

登壇者プロフィール

石川写真

石川 和宏 Ishikawa Kazuhiro

生物多様性保全協会会員。ELFIN(生物情報集積と発信) 代表。生物分類技能検定1級(底生生物、魚類、昆虫類の各専門分野)。
建設部門(建設環境)、環境部門(自然環境保全)の技術士として、約30年間、自然環境の調査や自然保護の計画に携わる。

昆虫や水生動物など無脊椎動物を多く扱ってきた技術者・専門家として、ウシガエルの餌として持ち込まれた外来種アメリカザリガニの駆除について参加者と一緒に考えたい。


竹内写真

竹内 江利子 Takeuchi Eriko

調布市多摩川自然情報館解説員。鳥獣管理士2級。

里地里山の荒廃等によって、野生鳥獣の生息域が人の生活圏と重複するようになり、人と野生鳥獣との距離が近くなり、農業や生活環境等に係る被害が増している。野生鳥獣のうち、特に鳥獣保護管理法において第二種特定鳥獣に指定されているイノシシについて、鳥獣管理士として立場から、防除について参加者と一緒に考えたい。


萬代写真

萬代 純一 Mandai Jyunichi

生物多様性保全協会理事。元実験教室サイエンス倶楽部の教室長として、幼児から高校生までの科学教育に携わる。また、箱根植木株式会社の在来種緑化の担当者として、地域性在来種の普及に取り組んでいる。

農産物に被害を与えている特定外来生物アレチウリの駆除について参加者と一緒に考えたい。


赤澤写真

赤澤 豊 Akazawa Yutaka

生物多様性保全協会代表理事。技術士環境部門(自然環境保全)、総合技術監理部門(建設環境)、環境カウンセラー(事業者部門)。環境コンサルタントとして約40年、自然環境保全、環境教育等の業務に従事する。

本企画では、在来種と外来種の「命」について、具体的な情報を示しながら「命を奪うこと」の賛否について考える。参加者も登壇者も自由に様々な意見を述べ、議論が深まるよう、司会・進行役を務めたい。

プログラム・タイムテーブル

日時:2021年11月7日(日)10:00〜11:30

10:00
1  開会の挨拶・企画意図の説明
10:05
2-1 アメリカザリガニは駆除すべきか?
話題提供者:石川 和宏
10:30
2-2 イノシシは駆除すべきか?
話題提供者:竹内 江利子
10:55
2-3 アレチウリは駆除すべきか?
話題提供者:萬代 純一
11:20
3  まとめ・閉会の挨拶
赤澤 豊
11:30
4 質問と意見の時間
(メインプログラム終了後約30分:自由参加)   
参加者や話題提供者が自由に質問や意見交換を行います。

参加登録

下記のサイトから事前登録ができます。ページ最下部の「事前登録 / Registration」ボタンから登録フォームに進んでください。

事前にご用意いただくもの
パソコンかタブレットかスマートフォン(Wi-Fi環境をお勧めします)。
Zoomアプリのダウンロード(ユーザー登録は必須ではありません)。
ご意見やご質問があれば事前にメールでお送りください
送付先:info01_j_biodiversity☆googlegroups.com
(☆を半角の@に書き換えて送付してください。)
当日は、いくつかのご意見の紹介やご質問に回答いたします。
当日の参加方法
サイエンスアゴラ事務局から事前にURLとパスコードが送られてきます。定刻の5分ほど前にアクセスしてお待ち下さい。
詳しくは、参加登録者に改めてご案内いたします。
※ Zoom:パソコンやスマートフォンによりセミナーやオンライン会議に参加するためのアプリです。無料でダウンロードできます。

お楽しみコーナー

生きものクイズにチャレンジ!

「生きものクイズ」は期間限定コンテンツにつき掲載終了しました。

生きものぬり絵 プレゼント

ウェブサイトをご訪問いただいた皆様に生きもののぬり絵をプレゼントしています。ダウンロードしてご利用ください。

(注)画像の著作権は、当協会及び制作者に帰属します。販売目的やイラストを加工して利用することはできません。

生きものぬり絵ダウンロード

ぬり絵はPDF形式です。1ファイルに2〜3種類の生きものが含まれます。


企画運営団体

主催:
一般社団法人 生物多様性保全協会
協力(企画・運営):
公益社団法人 日本技術士会(慶応技術士会)
https://www.engineer.or.jp/
特定非営利活動法人 水元ネイチャープロジェクト
https://mizumoto-np.jpn.org/
特定非営利活動法人 自然環境アカデミー
https://ja-jp.facebook.com/academyofnature/
一般社団法人 ソーシャルテクニカ
http://socialtechnica.sakura.ne.jp/
謝辞
調布市多摩川自然情報館には、館内映像の撮影や情報提供いただきました。 ここにお礼申し上げます。

企画運営団体関連情報

日本技術士会に関連する情報 

折り紙の手法を使ってユニバーサル・ジョイントを作る
慶應技術士会:No.06-B10
11月6日(土)10:00〜12:00
コロナ禍に学ぶ!健康と運動に科学技術の知見を
公益社団法人日本技術士会:No.06-A17
11月6日(土) 17:00〜19:00 

共に活動するご案内 生物多様性に関するネットワーク 市民・団体・企業の皆様へ

公式ソーシャルメディア

twitter facebook YouTube
一般社団法人 生物多様性保全協会
copyright@2011